仮想デスクトップ導入支援

テレワーク環境整備に向けた Azure Virtual Desktop の試験導入

テレワーク環境整備に向けた Azure Virtual Desktop の試験導入

導入前の課題

テレワーク環境の整備が間に合っておらず、会社として最適なテレワーク環境の検証が不十分であった。

導入の目的

コロナウィルス感染症対策の一つであるテレワーク/リモートワークの推奨に伴い、テレワーク環境の本格導入に向けた Azure Virtual Desktop の評価や試験運用を行うため。

選んだ理由

・新型コロナ感染症の急拡大に伴い、急ぎの対応が求められ、物理的な端末手配が間に合わなかった社員に業務を行うための安全な作業環境を提供する方法を検討するため。

導入後の効果

・Azure Virtual Desktopのサービスの実用性の検証。
・運用イメージやコストの把握。

最新の導入事例一覧

導入事例一覧はこちら